土地と建物以外に関する権利として、実務上重要なのは抵当権と根抵当権です。どちらも似通った制度ですが、様々な相違点があり、状況に応じて使い分けられています。まず被担保債権の定め方として、前者は特定の債権を被担保債権とするのに対して後者は一定の範囲に属する不特定の債権を被担保債権としています。次に被担保債権への附従性として、前者は被担保債権が存在しないのに設定しても無効であるし、被担保債権が消滅するとそれに伴って消滅します。これに対して後者では当事者間にまったく取引がない時点で将来発生する取引から生じるであろう債権を被担保債権として設定することも可能であるし、途中の段階で被担保債権がまったくなくなることがあっても、消滅しません。また、債権者や債務者の変更として、前者は被担保債権の譲渡を受けた者は、随伴性により担保物権を取得し、また被担保債権を債務者のために、またはこれに代わって弁済してした者は、債権者に代位し、求償権を確保するために担保物権を行使することができます。これに対して後者では、元本確定前に個々の被担保債権の譲渡を受けた者は、担保物権を行使することはできません。債務者のために、またはこれに代わって被担保債権を弁済し、代位権を取得した者も同様に扱われます。このように、両者は共通点があるものの機能や性質を異にしているといえます。