建物に関する権利

| 未分類 |

建物を利用、収益したりする権利にはいろんな種類のものがあります。一番強い支配力を持つことができる権利は所有権です。売買や贈与などによって取得できます。所有権を持つと、自分のために利用したり他人に貸したり売却することが原則として自由にできます。無償で、他人から借りて利用することができる権利が使用貸借権です。借主は、契約や目的物の性質によって定められた方法に従って無料で利用することができます。借主は、目的物の保存、管理に通常必要な費用は負担しなければなりません。借主の権利が非常に弱いため、目的物が第三者に譲渡されてしまうとその者からの明け渡し請求を拒絶することができません。有償で目的物を借りるのが賃貸借です。借主は賃料を支払い、貸主が借主に積極的に利用させる義務を負います。民法に規定によると賃貸借の存続期間は、長期は20年を超えることができませんが短期に制限はありません。賃借人の地位が弱いために、保護を図る必要があります。そこで借地借家法が制定されました。この法律によって、賃貸人が契約更新を拒絶する通知をするためには、立ち退き料を支払うなどの正当の事由が必要となったので、賃借人は安心して借りることができるようになりました。