所有権

| 未分類 |

所有権とは物の全面的支配すなわち自由に使用・収益・処分する権利のことです。民法には206条以下に規定があります。土地に対する複雑な封建的制度の廃止を目指して生成したといわれています。
何人に対しても妨害を受けることなく主張できる絶対性があります。目的物が存在する限り永久に存在するもので消滅時効にかかることはありません。日本国憲法では公共の福祉により一定の制限がかけられています。公衆衛生、消防、警察などの制限だけでなく都市計画や環境衛生など行政法により多くの制限が加えられています。しかしながら、まだ日本の土地に対する個人の権利は他の国よりも強く、古都鎌倉などで古いものを強制的に保存・維持することは難しいのです。欧米に比較して日本の古都が世界遺産登録をするにあたっての問題点になっているようです。

マンションの一室のように構造上区分された建物の部分を目的として成立するものもあります。所有者の権利義務を定義して権利変動の過程・利害関係人を明確にします。

似たような感じはしますが、老人ホームを使用する権利は、本人が生きている限りのもので相続や処分はできません。お墓の権利も他人に譲ったりはできないのです。

Watch Movie Online Logan (2017)