区分所有権

| 未分類 |

オフィスビルやマンションなど1棟の建物の中に複数の独立した部屋がある建物において、その建物内で構造的に区分されている各部屋を区分所有建物といいます。この区分所有建物についてはそれぞれが独立して所有権の対象となっていますので、その部屋の持ち主は当然に所有権を主張することができます。この権利が区分所有権です。
区分所有建物の所有者は区分されていない建物の所有者と同じように、その専有部分について所有権の登記をすることはもちろん、売却や賃貸などの処分も自由におこなうことができます。ただし区分所有建物の場合には、自己のものである専有部分のほかにエレベーターや廊下、エントランスなど他の住人と共同で使用するスペースが存在します。このスペースのことを共用部分と呼びますが、この共用部分に関しては建物全体の専有部分の合計面積に対する、自己の所有する専有部分の床面積の割合に応じて持ち分を共有することになり、この持ち分は専有部分と分離して処分することが基本的にできません。建物が建てられている敷地に関しても同様に共用部分となります。ただ敷地権に関しては規約を別に設けていれば、専有部分の所有権と分離して処分することが可能です。