ビジネス女性02
不動産を目的として使用、収益をすることができる権利には様々なものがあります。もっとも排他的に支配することができる権利が所有権です。所有者は、法律の範囲内であれば自由に使用、収益、処分をすることができます。地上権は、工作物または竹木を所有するため、土地を所有することができます。地上権者は自由にその地上権を貸したり、譲渡することができ、存続期間を定めた場合、賃貸借と異なり永久とすることも可能です。クレジットカードおすすめはこちらです。地上権は、工作物を所有するために地下または空間にも設定することができます。土地で耕作または牧畜をするためには、永小作権を設定することができます。永小作権の存続期間は20年以上50年以下の範囲で定めることができ、使用者である永小作人は、土地の使用料として永小作料を支払います。他人の土地を通路などのために使用することができるのが地役権です。地役権者は、設定行為で定めた目的に従って、自分の土地の便益のため他人の土地を利用することができます。賃貸借は、相手方に賃料を支払って土地や家屋の使用、収益をすることができます。借地権者が土地の上に登記されている建物を所有するときは、対抗力を持つことができるので第三者に対抗することができます。
ビジネス女性03